• 講師

厳しい注意もあります

「面白い」「わかる」「解ける」という手応えのためには、ときどきマンネリ化する学習の中で手抜きになったり、わからないからと空欄にしたり、投げやりになる生徒さんに厳しい言葉をかけることもあります。

その後の「不正解の連続による自身喪失」の方が怖いからです。

小言は、「不合格」よりずっとマシです。

ぴりっとして集中のスイッチが入ったら、その後格段に正解が増えます。

そうしたら「すごい!さっきと全然ちがうね。集中してからの正解連続、かっこいいね。この調子!」と褒められます。

そうして軌道修正していきます。


わかっていない、集中していない、ぼんやりしている、そういうのを放置しません。

わかってきた、集中している、理解を深めた、そういうのを見つけて声を掛け、評価し、次の授業に繋げていきます。

「育てていく」という感覚を持って授業をしています。



消化不良や自信喪失の呪いにかかると、成績を伸ばすのに2倍以上の時間が掛かります。



伸びる可能性や能力を充分に持っていながら、その塾の進度があっていないがために、成績不振となっているケースも多々あります。


春は、スピードや量よりも、「本人の理解の実感」を優先していきます時期。

夏期集中講座では、問題量をこなして次の段階に進めていきますね。

その大量の問題と向き合うモチベーションをここでは膨らませておきたい。

だからこそ、今は宿題は少な目で負担は軽めに、授業の中で「わかる!」「できる!」「そういうことか!」の体験を大事に大事にしていきます。


7回の閲覧

進学教室manavi

中学受験指導・個別指導

私立中高生個別指導

590-0952

大阪府堺市堺区市之町東6-2-3

tel: 070-5433-4119

・堺~堺東間シャトルバス「熊野(ゆや)小学校前」バス停すぐ近く。

​・堺東駅から徒歩7~8分。

■1週間まで体験授業を受付中。

 

​問い合わせ・体験授業申込み・セカンドオピニオン申込み

© 2023 by Lingo. Proudly created with Wix.com 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now