• 講師

教室でのできごと

新型コロナウイルスの拡大がまだ落ち着かないまま夏期集中講座に突入…。 何人か濃厚接触者となり欠席されています。 また来られるようになったら、ペースを見ながらフォローしていきますね。 この間、小5の教室でこんなことがありました。 少人数で授業していて、予定していた内容まで早く進み、後半は各自で問題演習してできた人から個別に講師による採点とアドバイス、という時間が取れました。 そこで、A君が講師のことに来まして、少しヒントをもらったら「あ!わかった!」と自席に急いで戻ろうとしたときに、途中の席のBさんの足がたまたま動いたタイミングでそれにひっかかり転んでしまいました。 他の生徒も「大丈夫!?」と注目。 A君は、「大丈夫、大丈夫、というか、僕がBさんの足を蹴っちゃったからBさんの方が痛かったと思う。ごめんね。」 と痛そうな素振りもせずに、立ち上がり、Bさんに声を掛けました。 優しいなぁ。 こういうのが伸したい「力」だなあ。 仲良くまた学習モードに戻りました。




閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示