manaviの算数
IMG_20181024_183016.jpg
20160616_180226.jpg

中学受験の算数は、範囲も広く難易度も高く一朝一夕で身につく種類のものではありません。

​​中学受験において消化不良の積み残しが最大の敵です。

大手塾では、すべての生徒を最難関中学を受験する想定でカリキュラムが組まれていることが多いのですが、それで疲弊して意欲を失ったり、不必要なコンプレックスに苦しむ子が多いのが現状です。

もう少しだけ練習したらぐんと伸びるはずの子が苦しみます。

もう少しだけゆっくり説明してもらえたら伸びるはずの子もいます。

そのペースと量についていけないからといって可能性がないわけではないのです。

 

manaviは、その子のペースに配慮して指導します。

本来の「知らないことを知った」という喜び、「自分で解けた」楽しさ、「もっと複雑で難しいものに挑戦する」ことで身につく自信を私たちは大切に育てます。そのため塾長が全員のテキストを採点し、個別でアドバイスをする時間が授業に組み込まれています。

充分に土台が固まったら、どんどんとハイレベルな問題に挑戦できる環境も整えています。本人が望めば飛び級で次の学年のテキストに進めます。伸びるタイミングが来た子にはとことん難問を、灘中レベルの問題も用意しています。

じっくりゆっくり説明することで、定着して前に進んでいく子には、噛み砕いて時間をかけて説明します。必要なら前の学年の問題にも戻って説明します。

授業前後の自習、質問も可能です。

自分のペースで学び、伸びる。

manavi生は、中学進学後にもぐぐぐっと伸びていると各私学の先生からも褒めていただいています。

                           算数  杉中